スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No title

 皆様お久しぶりです。1ヶ月ぶりの更新ですね。最近PCのOSをWindows7にアップデートしたのですが、ずば抜けて速くなったり安定したりでもなし、そんなに変わった感じはしないですね。まぁあえて言うなら、デフラグが複数パーティションの処理に対応するようななったり、正真正銘のWindowsクラシック(95や98みたいなインターフェース。XPやVistaでもわざわざこれにして使っていただけに残念w)が使えなくなったりしたのが、Windows7に変わったという実感でしょうか?で、本題に入りたいところなんですが、鬱・鬱・鬱のオンパレード、しかも一部の方しかわからない話のため、そういうのが苦手な方は読まないことをお勧めいたします。
 最近なんと言うか…野球が楽しくなくなってきました。1年のときのほうが良かったんじゃないか(少なくともバッティングに関しては間違いない)というぐらい、打てない、守れない、そして走塁ミス。(しかも声まで出なくなったんだから無様としか言いようがない)最近では、練習終わった後、良いというかまともな気分でいることのほうが少ないです。ここで早合点してほしくないので言っておきますが、今ほしいのは中途半端な慰めや励ましの言葉なんかじゃない。「結果」そのものです。下手クソなのを笑い飛ばしてヘラヘラしていれば、少しは居心地が良いかもしれない。でも、結局そんなことをしても何も変わらない。(そもそもその程度で満足するようだったら、ベルスタにすら入ってない)自分のイメージしている通りの形でクリーンヒットを放ったり、少なくとも足を引っ張らない程度の守備・走塁をできるようになって初めて僕は笑えると思います。だから、それができない自分、そして、そのための努力すらもできない自分がとてつもなく悔しい。神宮の舞台に立ちたい、でも、今のままだとまた去年のように、世田谷でも府中でもただベンチで見ているだけで何もできなかった去年と何も変わらない、そんなのは絶対にいやだ。ただ、それだけです。書けば少しは気が楽になるかと思って長々と書き連ねてみましたが、結局ネットに逃げて弱音を吐く、クソ過ぎる自分に嫌気が差してきました。しばらく旅に出るかもしれません。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 独り言
ジャンル : 日記

K.B.タクミは強打者なのか?

 今日教習所の卒検を受けに行き、きっちり合格してきました♪正直第2段階は、第1段階に比べると苦労は少なかったですね。(第1段階は車の基本操作を覚えるまでがかなりきつかったのですが、第2段階は、きっちり他の交通の流れが見えていれば、車の操作がきちっとできる分なんとかなる気がします)というわけで、明後日新前橋で学科試験を受けて合格すれば、東京帰れそうです♪(11日のベルスタの練習に間に合いそうで良かった^^)もし明後日免許取れたら、その辺の回想録(?)でもちょっと書いてみようかと思います。余談ですが、卒検も仮免の時のように学科試験があるのかと思っていたのは僕だけでしょうか?(笑)
 卒検から戻ってニコ動見ていたら、なぜか「U.N.オーエンは彼女なのか?」の原曲動画に、「千葉ロッテマリーンズ」というタグがあるのを発見。「…なんで?」と思って調べてみたら、ロッテが今年の応援歌にオーエンを使うとのこと。知った瞬間、激しく噴きましたwアニソンぐらいならもう驚きはしませんが、まさか東方の曲がプロ野球で使われることになろうとは。(笑)で、応援歌がオーエンになる選手は神戸拓光(こうべたくみ、今まで「たくみつ」と読んでましたがこれは意外な発見でしたw)という若手選手のようで。一応アマ時代から名前は知っていて、「荒っぽいけど長打力のある選手」というぐらいのイメージは持っていましたが、こういう意味で知名度が上がることになるとは思いませんでした。(爆)まぁこれをきっかけにブレイクを果たしてほしいですねw実際に使われている様子もアップされていましたので、興味のある方はご覧になってください。



 こういうのがきっかけで、東方の曲や2000年代のアニソンがプロ野球や、社会人・高校野球などの応援歌で使われるようになるかもしれないですね♪(実際、一昨年東北高校がセンバツ出たときに、「アクエリオン」を応援歌に使ったというケースもありましたし)

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

tag : U.N.オーエンは彼女なのか ロッテ 東方

アホすぎる…。

 前の日記で「リンデンは来年以降も頑張ってほしい」と書きましたが、そのリンデンがアホなことやらかしたようで…。苦手の武田勝が先発だったためスタメンを外されたことについて、監督・コーチ陣に暴言を吐いた挙げ句、謝罪に行ってどうなるかと思ったら、どう見ても謝りに来たとは思えない服装(ハーフパンツにTシャツという姿で来たとか?)で来た上にそこでも逆ギレとは…。しかもフロントもフロント、監督批判というのは重罪というのがプロ野球界の共通認識なのに、1軍登録抹消だけで済まそうというのは…。まぁ確かにリンデンが来てなかったら、夏場からの貧打が続いて2位どころかCS進出も厳しかったかもしれなかった訳ですから、打線の起爆剤という役割はきっちり果たしたかもしれないですよ。でも、それとこれとは話が別。スタメンを外されて死ぬほど悔しいのは分かりますが、そこは気持ちを抑え、もし不満だったらコーチなり監督なりに理由を聞き、それから次のチャンスに向けて「何くそ!」と奮起して頑張っていけばよかったのでは?(まぁ首脳陣の方も理由の伝え方とかが甘かったのかな?とも思わなくもないですが、逆ギレした上にロクな謝罪もしないというのは100%リンデンが悪いというのは間違いないです。)まぁこんなアホなことをやらかしてチームの雰囲気を悪くした挙句、最後のチャンスもフイにしたわけですから、もうクビになって当然、というかクビにならない方がおかしいでしょうね…。(というかこれでクビにならなかったらブチ切れるぞ!)チームに貢献してくれた選手でしたが、こんなことでいなくなってしまうというのは残念です…。
 ただまぁ、こんな怒りの言葉ばっかり書いても後味が悪いので、リンデンに、かつて巨人のラミレスが日本にやってくる外国人選手のために残した言葉を贈ります。「日本を敬え」。掘り下げていくと、監督、コーチ、他の選手、裏方さん、などなどどんな人にも感謝して謙虚に一生懸命プレーし、そしてチャンスを与えられることにも感謝するべきだということだそうです。そういう選手は、コーチのアドバイスも積極的に受け入れることができ、成長することができる、とのこと。リンデンがこの後どうなるかは分かりませんが、いずれにせよ心を入れ替えて次のステージに進んでもらいたいものです。(今の態度じゃどこの球団でも活躍は無理でしょうね…。)

P.S.
 この記事を書こうとした時は、怒りの余り「リンデンなんかもうクビにしろ!」で終わらせるつもりでしたが幸か不幸か書き込んでいたケータイが電池切れ寸前になってしまい、図らずも頭を冷やす時間ができました。ということで、この文章は最初自分が書くつもりだったものよりかなり丸くなっていたりします。ただいずれにせよ、リンデンが、大嫌いな選手の1人になってしまったことだけは間違いないですね…。(プロに入れる時点でみんな凄い訳ですから、よほど素行や性格が悪くない限り個人的には嫌いな選手というのはほとんどいないのですが…。)
 ちなみにラミレスのアドバイスの全文は、こちらのブログで読むことができます。なかなか興味深いことが書いてありますので、興味のある方は読んでみては?

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロ野球雑記

 本来なら、楽天がCS出場を決めたときにでも書こうと思っていたのですが、昨日(?)楽天が2位確定したということで、その辺についてのネタとその他気になったプロ野球ネタをちょっと書いていこうと思います。
 まず楽天が2位になったということについては、創立時はあわや100敗というところまで負けまくった球団だったのに5年でよくここまで来たなぁ…、というのが正直な感想です。大きなターニングポイントは、ノムさんが来てくれたのと、3年目にマー君の獲得に成功して、そのマー君が1年目からガンガン活躍してくれたことなんでしょうね。(ただ後で書きますが、ノムさんが来てくれたことは手放しでは喜べないですが…。)で、今年2位にまで上がれたのは、マー君の頑張りに影響されて岩隈が復活したり(まぁこれは去年からですがw)、マー君と同期入団の永井が奮起して頑張ってくれたり(一昨年や去年は夏場以降失速していたイメージが強かったですが、今年は1年間ローテーションを守って二桁勝利ができたということは、相当オフに体鍛えたんでしょうね^^)したのと、途中での補強が上手くいった(福盛とリンデンいなかったら、本当に負けが込んだままズルズルいって終わってたのでは?この2人は来年以降も頑張ってほしいですね♪)のが理由なんだと思います。(あとは鉄平・山武司・草野・中村真人あたりの覚醒かな?欲を言えば中継ぎ陣と長谷部・藤原を中心とした左ピッチャーが奮起してくれれば優勝も狙えるんですが♪)まぁここまで来たら日本シリーズ出場、そして日本一に向けて頑張ってほしいと思うのですが、ここまで頑張ってもノムさん解任とかフロントは何考えてるんだろう…。(しかも次期監督候補もロクに決まってないとか有り得ないんだが…!)1年目から思ったんですが、楽天のフロントって現場に関して冷淡なんですよねぇ…。あまりにも弱すぎてなり手がいない中で火中の栗を拾いに行ってくれた田尾さんを、3年契約の1年目であっさり首切って(1年目ズタボロになるのは必然だと思うんだが…。)ノムさん呼んだ時にも腹立てた(その辺がノムさんの監督就任を素直に喜べなかった理由。とはいえ、ノムさんが素晴らしい監督であることには異論はないですが。)のですが、今回はその数十倍酷いですね…。頑張りを認めて1年でも続投させてあげても良いじゃないか、そしてたとえ解任せざるを得なくなっても次期監督ぐらいまともに決めろよと言いたい!こんな調子で運営やってたら今年の躍進は一時的なもの(もっと言えばまぐれ)になってしまうし、ファンも愛想を尽かすぞ!プロ野球はファンありき、現場ありきなんですからその辺のことをもっとまともに考えてほしいものです…。
 話をセ・リーグに移すと、ヤクルトが阪神との死闘を制してCS進出を決めたようで♪ヤクルトが別段好きというわけではないしアンチ阪神でもないですが、巨人・中日・阪神の3強の構図が崩れたのは嬉しいですね。(というかただそれだけが理由のひねくれ者w)かなり厳しい戦いになると思いますが、なんとか食らいついて頑張ってほしいと思います。(ただ僕はセ・リーグの中ではどちらかというと巨人が好きなので複雑な気分なんですがwあとついでに言うとアンチ横浜。投手育成のド下手っぷりにはブチ切れたくなります。)
 そして最後に、戦力外通告の話でも。毎年この時期は戦力外通告の報道が出てきますが、ドラフトファンという立場から見ると本当に寂しくなってきます…。今年ぐらいになってくると、僕が名前知ってる選手もクビにされていくのでなおさらです…。(例えば高卒3年目のオリックス・梅村がクビになったと聞いて溜息出ました…。見たことはないですが、高校時代は結構有名なピッチャーだったのに…。)まぁ年齢による衰えや、不運な大ケガとかもありますし、引退セレモニーを球団がやってくれるような有名選手とかだったらまだ幸せだと思いますが、旬の時期ではない時に指名されたり、編成上だぶついているポジションの選手なのに指名されたりして、不完全燃焼のままプロを去っていくというのが、選手としては一番悲しいと思います。(特に2年か3年でクビにされる高卒選手については、旬の時期ではなかった場合がほとんど。せめて5年ぐらいは面倒見られる選手指名しろよと毎年思ってしまうのですが…。)球界を去っていく選手たちの第二の人生の成功を祈ると同時に、これからのドラフトで旬の時期でもないのに指名され、すぐに引退を余儀なくされるという悲劇がこれ以上起こらないよう祈ります。そして、この戦力外通告をきっかけに、そういった形で球界を去っていく「名もなき」選手たちの犠牲の上に、華々しいプロの世界は成り立っているということを、ファンである僕たちも再認識すべきなのではないでしょうか。

続きを読む

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

白子海岸まで行ってきました♪

 19日から3日間、ベルスタで白子海岸までサマーカップという大会に行ってきました。この大会は15回行われる大会のうちの1つで、活躍次第では元プロのギャオス内藤氏率いる選抜チームに選ばれて、韓国や中国のチームと試合ができるという大会です。(プレゼントもあるよ!)…うちには何の関係もありませんでしたがwまた、この大会は4チームずつの3リーグでのリーグ戦と、そのリーグ戦の結果で割り振ってのトーナメントの2パートに分けられていて、どのチームも必ず5試合できます。
 ちなみにベルスタは2年チームと1年チームに分かれて出場、僕も1年チームで出ましたが…12チーム中最下位で終わりました、ハイ。(ちなみに2年チームは8位)1年チームはギリギリ9人そろったはよかったのですが、登板予定だったうちの学年のエースが肩を故障していたため、他の選手が変わりばんこに投げなければならなかった(ストライクが入らず、そのまま四死球連発で試合ブレイクとなった試合もしばしば…!)、キャッチャーが本職の選手がいなかった(一応キャッチャー経験者は2人ぐらいいたので、本当にその2人には頑張ってもらいました♪)、9人のうち外野手がだぶつき気味で内野に外野の選手を充てなければならなかった(冗談での起用とはいえ、左投げの選手がサードやってた試合も!ちなみにその選手は無難というか結構きっちりこなしてましたがw)、などなど厳しい条件は山積みでしたが、本当に悔しいですねorzちなみに僕の方は、3試合セカンド、2試合ライト(実は最終戦で登板予定だったものの、先発した選手が思いのほか好投して結局投げられず♪ベンチ入りしたものの、登板機会がないまま夏が終わってしまった背番号11あたりの高校3年生の気持ちが体験できましたw)で出場、守備はまずまず、打撃でも最後の最後で入部以来初のヒット(インサイド高めのストレートにドン詰まりになったものの、3塁線ギリギリへのポテンヒット)を打てたものの、走塁ミスでチャンスを潰してしまったり(最終戦では、誤審も絡んでいたのですが、リードしていた場面で走塁ミスをやらかして流れをおかしくしてしまい、その試合のA級戦犯に…orz)打撃でも三振が結構多かった(でも四球も多かったw)り引っ掛けた当たりばかりだったりとひじょ~うに不甲斐ない結果でした…orzそんなサマーカップにとりあえず一言、「茶番乙」。(あくまでもサークルの大会ですので、終盤あたりで結構茶番試合が多かったです。でもガチで強いチームや良い試合も結構あったりして楽しめたところもありますので、全部茶番かというとそうではないので、サークルで野球をやりたいと思っている方は勘違いしないように♪)そして、メチャクチャ悔しいので、今後に向けてもう一言。「諦めない、強くなる、もっと!」(「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」より)

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ビョーク

Author:ビョーク
野球と2次元ネタ、フリーゲーム(特に「実ボク」と「ココシミュ3」)をこよなく愛する(?)ヘッポコ大学生です。チマチマ更新してますので暇な方は見てやってください。

カウンター(2009/9/30~)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
46144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
1941位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
気に入った方は是非ポチッと♪

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。