スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大軟式野球サークル大全2010 第1回「東大の野球サークルってどんな感じ?」

 今日は、東大の前期の合格発表日ですね。ここまでがんばってきた受験生の思いは、悲喜こもごもだと思います。合格を果たした人は、東大という新たなるステージで、勉強や課外活動に精一杯打ち込んでほしい(勉強忘れんなよ!w)ですし、落ちた人も気を取り直し、新たな目標に向かって頑張ってほしいと思います。
 さて、合格発表を見に行った人は、その片鱗を本郷で味わったかと思いますが、4月になればサークル・部活の新歓の嵐が吹き荒れます。その中には当然野球サークルも入っており、東大で野球をやりたいという新入生を1人でも多く獲得しようと、どのサークルも眼の色変えて動いてきます。その一環として、ビラなどが配られるかと思いますが、正直どのサークルも通り一遍のことしか書いてないですし、「総長杯」、「関東大会」などよくわからない大会の名前も出てきて、「正直どこも一緒っぽい…。」と思う方も出てくると思います。そこで、このブログで、「東大軟式野球サークル大全」と称して、昨年新歓期に学内の6チーム中5チームを回って得た感触やチーム実績、各サークルのHPからの情報などを7,8回程度に分けてここにまとめていき、「東大で楽しく野球をやりたい!」という新入生の助けとしたいと思います。
 まず、東大で野球をやっている団体を2つに分けると部活とサークルに分かれるのは言うまでもないでしょう。ただ、部活のほうも一筋縄ではいかず、硬式野球部・軟式野球部・準硬式野球部・鉄門野球部の4つの部があります。硬式野球部は東京六大学で有名ですからここで説明するまでもないですね^^(弱いけどw)また、軟式野球部も想像はつくでしょうから説明は省きますが、軟式でも東京六大学リーグは存在し、東大は昨年の春季リーグで優勝、全国大会出場を果たしています♪で、ここから準硬式と鉄門野球部について説明していきますが、準硬式野球というのは、準硬球という、見た目は軟球、感触は硬球といった感じのボールと、硬式の用具を用いて行う野球のことで、準硬式野球部はそれを行っている部です。(まぁここは当たり前かw)そして、鉄門野球部は、理Ⅲ、および医学部限定の準硬式野球部と思っていただければ十分かと思います。なお、言うまでもないかと思いますが、部活は勝利を主眼に置いているところですから、練習は厳しめで、特に東大は国公立大屈指の厳しさとも言われているところですので、もし部活に入ることを考えているのでしたら、それなりの覚悟は必要かと思います。(昨年も、軟式野球部で結構退部者が続出し、サークルに流れていったというケースもありましたので)
 そして、ここからが本題で、サークルについて説明していきます。サークルのほうも、硬式野球サークルと軟式野球サークルに分かれており、このシリーズでは後者をメインに扱っていきます。ちなみに、硬式野球サークルは、丁友会という工学部系の団体が運営している丁友会硬式野球部というチームだけです。(笑)ここも、東京六大学の理工学部系硬式野球チームとの六大学リーグが活動のメインのようです。一方、軟式野球サークルはベルスターズ、セローリ、タクティクス、Big Box's、グリネーズ、レオパーズの6チームが存在し、週2,3回程度大学の近くの野球場で楽しく練習したり、リーグ戦などで他大のチームと試合をしたり、そのほかにも野球以外のイベントで盛り上がったりする、という大まかな流れは変わりません。次回以降各チームについて少し細かく紹介していきますが、強さに関しては、

強豪…ベルスターズ、セローリ
中堅クラス…タクティクス、Big Box's
大して強くない…グリネーズ、レオパーズ

といったイメージをつかんでいただければ、現時点では十分です。
 さて、ここからは「総長杯」、そして「関東大会」という東大軟式野球サークルにおける重要キーワードについて説明していきたいと思います。まず、総長杯というのは、9月から10月にかけて行われる、東大の学生・教職員ならだれでも参加できる野球大会で、駒場と本郷の野球場で行われます。(余談ですが、サッカーでも総長杯あります♪)そのため、同じ学科の人がチームを作って参加したり、野球以外のサークルが参加したりすることもあり、なかなか盛り上がるものになっています。また、野球サークルも、1チーム限定ではなく、2チーム、3チーム出して全員が試合に出られるよう工夫しているところもあります♪ベスト4以上に進出したチームは来年の大会のシード権が与えられ、参加チーム多数の場合は抽選となります。余談ですが、昨年の総長杯では、某野球サークルが2チーム出したものの両方とも抽選に外れて参加できなくなるということが実際に起こりました。(爆)
 関東大会というのは、文字通り関東の大学の、予選を勝ち抜いた野球サークルが一堂に会して熱戦を繰り広げる大会で、関東の大学野球サークルにとっての甲子園ともいえる大会です。東大でもその学内予選が10月頃行われています。関東大会に出場できるのはわずか1チーム(関東大会の出場枠は、各大学6チームで1枠。5チーム以下の大学は、そういった別の大学と組んでブロック予選を行っています。)、どのチームもこの予選だけはガチで戦います。ちなみに関東大会は1,2回戦は府中市民球場(西東京大会の予選も行われるところ、電光掲示板もあります♪)、準々決勝以降はなんと、大学野球の聖地・神宮球場で行われます♪最後に、過去5年間の関東大会出場チームをまとめておきますので、参考にしてみてください♪

09' ベルスターズ
08' セローリ
07' タクティクス
06' タクティクス
05' ベルスターズ

 さて、次回から6チームの紹介に入っていきます(第1回はベルスターズを予定しています)が、言っておきたいことを少々。各チームの紹介文は、なるべく中立の立場から書くように努めましたが、筆者自身がベルスターズの人間であるため、情報不足による誤り(そういったミスがありましたら、情報提供お願いいたします)や、無意識の偏見が含まれているかもしれませんのでご注意願います。また、ある程度真面目に野球をやりたい未経験者をメインターゲットにして書く予定であることも付け加えておきます。そして、なんだかんだ言っても百聞は一見に如かずです。4月はどのサークルも新歓練習や新歓試合等を組んでいますので、そういうのに参加して自分の目で確かめ、各チームの雰囲気を自分で感じ取るのが一番です^^(身も蓋もない話ですが、本当ですw)それでは、「東大で野球をやりたい!」という新入生の皆さんが、4年間楽しいサークル生活を送り、野球で燃え尽きることができるよう祈っています^^
P.S.
 書き忘れましたが、4月ぐらいならどのサークルでもグラブぐらいは貸してもらえますので、グラブを持っていなくても大丈夫です♪(ただしジャージぐらいは必要)ついでに言うと、大体どのサークルも、よほど時間が遅くない限り(たまに9時終了というケースもあります)アフターと言って、練習の後ファミレス(他大だと飲み会というところもあるらしいですが、東大は基本ファミレスですw)でいろいろ話をしたりするのですが、4月いっぱいまでは、新入生はおごりになるケースがほとんどです。野球に興味のある人はもちろん、あんまり興味ない人もそういうのを利用して食いつなぐのも手かもしれません。4月のタダ飯は新入生のジャスティス!(笑)あと、野球サークルの新歓コンパの相場は大体500円から1000円程度。(去年だとタクティクスがタダ、ベルスターズが1500円とやや高めだった以外は、その範囲内に収まりました。ただし、ベルスターズの新歓コンパが高めなのはちょっとした理由があるので、その辺は次回に♪)
スポンサーサイト

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

tag : 東大 サークル 野球

コメント

非公開コメント

プロフィール

ビョーク

Author:ビョーク
野球と2次元ネタ、フリーゲーム(特に「実ボク」と「ココシミュ3」)をこよなく愛する(?)ヘッポコ大学生です。チマチマ更新してますので暇な方は見てやってください。

カウンター(2009/9/30~)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
46144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
1941位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
気に入った方は是非ポチッと♪

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。